蓋瀬九郎の起業がしたいかい?

謎の男、蓋瀬九郎が起業や副業に関する情報や妄想を垂れ流します。そして生活を豊かにするためのお話も!

【雑記】TSUTAYAへの愛がすごい

TSUTAYAは楽しく進化している

言わずと知れたTSUTAYA、皆様の近所にもありますでしょうか。

レンタルビデオ屋さん、CD屋さんのイメージが強いかもしれません。

 

インターネット配信が普及した今、TSUTAYAもGEOも行く機会が減ったという方は多いのではないでしょうか。

 

確かに近所のTSUTAYAには行く機会が減ったかも知れません。それなら、遠くのTSUTAYAへ行ってみればいいのでは、という提案です。

 

「遠くのTSUTAYAに行く意味はない」なんて思わないで。

近年、TSUTAYAはお洒落で楽しいスポットとして生まれ変わっているのです。というより、今までのTSUTAYAと新しいTSUTAYAで住み分けし始めていると言った方が正しいかもしれません。

 

ということで今回はお洒落スポットになったTSUTAYAの魅力を紹介していきます。

 

 

TSUTAYAヴィレヴァン好きはサブカル野郎!」なんてもう言わせません。

今やお洒落TSUTAYAは近所のマダムも爽やかカップルも通う、ほっこりスポットなんです。

むしろサブカル野郎が居たら浮いちゃうんだから!それでも品揃えはサブカル向きの物もしっかり取り揃えているという充実さ。もはや誰でもかかってこい状態です。

 

北海道のおしゃれTSUTAYA

1.アクセスとコーヒーが良い、美しが丘店

札幌市清田区美しが丘にあるTSUTAYAです。

北海道民のカフェ好きなら誰もが通ったことのある「森彦」とコラボしています。

 

森彦のカフェはカップルやお洒落女子だらけで敷居が高いと言う人は、ココか札幌PARCOの地下です。

買った本を広げながら飲むコーヒーはとても素敵です。内装がお洒落で自分もお洒落になった気になります。

 

店舗の広さがそこまで大きくないですが、雰囲気はしっかりあって時間つぶしにはもってこいです。

近くに三井アウトレットがあるので、休日は買い物した帰りに寄って小休憩なんて充実した1日を送れます。

www.utsukushigaoka-t.com

広さ:せまい

品揃え:少なめ

雰囲気:良し

備考:

カフェ、ジェラート、パン屋さんが併設。その他、雑貨や化粧品もあります。

ちなみに私は「森彦」ではPlantationが好きです。アクセスの悪さからおすすめはしづらいですが、観光やデートで行ける余裕があるなら是非立ち寄ってみてください。お洒落すぎて入りにくく己の勇気を試されます。

www.morihico.com

 

2.北海道お洒落TSUTAYAの元祖!もはやテーマパークの函館店

続いて、北海道のTSUTAYAファンに衝撃を与えた函館店です。

図書館並みの大きさと近代的な外観でオープン前から話題になっていた蔦屋書店。

私もオープンしてまもなく片道4時間近くかけて函館に車を走らせた記憶があります。

今となっては函館の観光スポットとも言えるこちらの店舗。

過ごそうと思えば一日中居れちゃうくらいなんでもあります。

函館観光に来たら是非立ち寄るべき場所です。観光地からは離れているので車が必須になりますが一見の価値ありです。

www.hakodate-t.com

広さ:かなり広い

品揃え:多い

雰囲気:かなり良し

備考:

コンビニ、カフェ、レストランはもちろん、花屋、ファッション、雑貨、なんでもありです。

函館市民の憩いの場と化していて朝早くから深夜まで営業しています。

函館ではご当地バーガーラッキーピエロ」と併せて外せないスポットです。

 

3.新しく生まれた斬新な店舗

次は札幌からもほど近いところに位置する江別市に新しくできた店舗です。

ここは今までと異なる斬新な造りが面白い店舗になっています。

というのも雑貨、本、食とそれぞれが独立した建家で、見て回るのに連絡通路を通って移動する必要がある造りになっています。

まるで冒険しているような感覚になり、気になる商品を見つけた時はまるで宝を見つけたかのように購買意欲をそそられます。

ebetsu-t.com

広さ:かなり広い

品揃え:多く、そして楽しい

雰囲気:良し

備考:

本の他、花屋、雑貨、ファッション、キッチン用品、食が充実しています。

新店舗だけあって混んでいます。休日は江別周辺の市民で溢れて通路が狭く、ゆっくり見られないかもしれません。

フードコート内にある「クロック」は、私が北海道で一番と思っているカレー屋さんで札幌の円山に本店があります。

北海道はスープカレーと思いきや「クロック」はルーカレーです。ちょっとお高めですがとてもおいしいので是非食べてほしい一品です。

 

その他、おすすめのTSUTAYA

1.中古書籍が魅力!BOOK  GARAGE!

福岡にある「TSUTAYA BOOK GARAGE」ではお洒落TSUTAYAには珍しく中古書籍を取り扱っています。

取り扱っている量がかなり多く、漫画はもちろん小説や専門書、雑誌なども取り扱いがあり、なかなか見つからなかった懐かしの本がきっと見つかります。

以前旅行で九州に行った際に立ち寄ったのですが、魅力的な本が多く見るだけのつもりがかなり買い込んでしまい、スーツケースが相当重くなった記憶があります。

併設しているカフェも雰囲気が良く、ピザもおいしかったです。

www.fashion-press.net

広さ:広い

品揃え:中古本はかなり多い

雰囲気:良し

備考:

中古本ならここが最強と言うくらいに品揃え豊富です。併設しているカフェは他TSUTAYAではスタバが主流ですが、ここはオリジナルです。

福岡に行ったのが初めてだったせいか道に迷ってしまい、アクセスが良かった記憶がありません。

ちなみに福岡に新しく蔦屋書店ができているようなので、こちらも気になります。新しい店舗では中古書籍は取り扱っていないようで、差別化ができています。

store.tsite.jp

 

2.憧れの銀座にTSUTAYAあり!

GINZA SIX内にあるお洒落TSUTAYAです。

GINZA SIXができて間もない頃、東京観光の際に立ち寄ったところ私のような田舎者が来るところではないと感じたGINZA SIXでは唯一のオアシスでした。

銀座にあるからといって何か特別感があるというわけではないですが、都会の喧騒に疲れてしまったら休憩がてらに立ち寄ってはいかがでしょう。

私は真夏に行ったので空調とフラペチーノで涼んでいました。

store.tsite.jp

広さ:せまい

品揃え:普通

雰囲気:田舎者には怖い

備考:

「GINZA SIXは怖い」という田舎者の感想しかないです。銀座という世界を体感したいなら行ってみる価値あり。

成田行きのシャトルバスを銀座で待つ場合、ココで時間を潰すといいかもしれません。

 

3.横浜の街並みにマッチしたかっこいいTSUTAYA

こちらは横浜にあるTSUTAYAです。私が初めてのひとり旅でお世話になった思い出の店舗です。

みなとみらいを散策しているときに出会って、休憩がてらに入ってみるとお洒落な人たちがスタバ片手に本を見ている風景に圧倒されました。

「横浜ってかっこいい」なんてYAZAWAの成り上がりみたいなことをつい思ってしまいました。

みなとみらいの海風を感じながら歩く街並みとマッチしたTSUTAYAです。

hamakore.yokohama

広さ:そんなに大きくない

品揃え:普通

雰囲気:周辺がまるごとかっこいい

備考:

向かい側に横浜美術館があり、近くに商業施設や観光地が集まっています。

横浜へ来たならみなとみらい線を使い中華街にまっすぐ行くのもいいですが、散歩がてら歩いてみるのも素敵です。

 

横浜にあるおしゃれコンビニ「gooz」も併せて、サブカル感の強いお洒落散歩を楽しみましょう。

www.three-f.co.jp

4.いつか行きたい!でかすぎTSUTAYA

次はまだ行ったことがないけれどいつか行ってみたいという店舗です。

大阪府枚方市駅の前にあるT-SITE。商業施設ビルがまるまるTSUTAYAという贅沢仕様で、中はまるで海外のショッピングモールのようなお洒落感です。

まだ行ったことがないためレビューはできませんが、これは何としても行くしかありません。大阪に行く予定がないため、まだまだ先になりそうです。

store.tsite.jp

そして、でかぎすTSUTAYAは広島にもあります。

ここもまだ行ったことがないTSUTAYAですが、迫力ある本棚が魅力でとてつもなく行きたい店舗です。ただ北海道から広島へのアクセスが悪く、なかなか行く機会に恵まれない現状では難易度の高い店舗になります。

store.tsite.jp

ちなみにこの店舗、LECTと呼ばれる商業施設内にあるようです。

「全く新しい商業施設」として2017年にオープンした施設だそうで、見た目がかっこいいです。

 

私は「全く新しい」や「革新的な」とか「今までにない」という言葉に弱い人間なのでTSUTAYA並みにこのLECTという施設が気になります。

そんな私はやはりサブカル野郎なのでしょうか。。。

lect.izumi.jp

 

以上です。

TSUTAYAの魅力をみなさまにも伝われば良いと思い記事にしました。

私は旅行先が決まると、近くにお洒落TSUTAYAがないか調べます。そして近くにある場合はなんとかスケジュールを調整して無理やり行きます。

そんな私が使うクレジットカードはもちろんTカードです。Tポイントがどんどん溜まり、そのポイントでYahooトラベルで旅行に行くような生活を5年程続けています(あまり還元率はよくないですが、意地です)。

 

次回はまた別のカテゴリーで書いていきます。内容は未定です。